栄光ゼミナール渋沢校 栄光ゼミナール渋沢校 栄光ゼミナール渋沢校 栄光ゼミナール渋沢校
教育理念
指導方針
小学部
中学部
高等部
入塾条件
blank
教育理念
学ぶことの本質を追究して…
私たちが一貫して追究している理念

それは時流の方向を無視せず、その動向に対処しつつも、
些細な技術論に堕すことなく、常に本質を忘れない複眼の立場を維持するという姿勢です。
本質とは何かといえば、それは正確な知識であり、柔軟な思考力であり、
発展的な応用力であり、論理的かつ明確な表現力であるということになります。
厳しい修練の場であると同時に、
ライバル同士の友情が交錯する場である当校での発展的な学習を期待しております。


 創業者  西久保 稔
blank
当校の指導方針について
「うちの子は勉強が嫌いで、塾など続けられるかどうか…」入塾面談の折にしばしばこのようなお話を伺うことがあります。ほとんどのお子さんにとって、勉強はできれば避けて通りたい嫌なものであるというのは昔も今も変わらず、極めて自然なことであると思います。したがってお子さんの中に『塾に行かされている』という感覚があるうちは、どんなに多くの優れた教材をこなしても、大した学習効果は望めません。もし仮にあったとしても、それは一時的なものであって、決して持続性のあるもの、また発展的なものではないと思います。本来お子さんにとって“嫌なもの”であるはずの勉強が、徐々にではあれ、「やってみれば結構楽しいかも」と思えるようになるまでには、お子さん達に「わかった!」「できた!」と心が躍る瞬間を、幾度となく経験して頂く必要があるのです。こういう経験を重ねることによって、『行かされていた』はずの塾に自然と足が向くようになり、いつの間にか毎日のように見かける塾の常連になっている。こういう意識の改革こそが学習成果向上のための必須条件であり、私ども講師陣が目指す最大の目標でもあります。栄光ゼミナ−ルではお子さんと塾との間に、このような理想的な関係を構築していくため、以下の2つの指導方針を徹底します。
☆講師は完全専任制・・・経験豊富な文系・理系のスペシャリストです
「小学生、中学生の勉強程度なら学生アルバイトでも…」と考えるのは大きな間違いです。春に咲く花、秋に咲く花があるようにお子さんの能力が開花し、大きく成長する時期には個人差があります。お預かりするお子さん一人ひとりの成長の萌芽を見落とすことなく、理解の程度や問題となる点を正確に把握し、それらを踏まえた上で適切な時期に、正に”そったく同時”といえるような最適の指導をしていくことは、決して片手間でできるような簡単な仕事ではありません。

私ども栄光ゼミナ−ルでは、5教室計18名の完全専任講師という体制で、常時真正面からお子さんと向き合っています。授業前の準備段階から授業中はもちろんのこと、授業後の深夜に至るまで、教材の研究・作成や宿題の添削、過去の定期テスト問題の分析等々を通して、より効果的な指導方法を追究しています。そして何よりも重要な、お子さんとの間の揺るぎない信頼関係を築くための努力を、日々怠らないように心掛けています。
☆徹底した少人数クラス制・・・小学生は個別形態が中心です
公立の小中学校でも少人数クラス編制が進みつつある昨今、1教室に20人以上のお子さんを詰め込んで指導にあたるようなやり方は、時代錯誤も甚だしと言わざるをえません。塾側の経営効率という観点からすれば、1教室の定員は多いにこしたことはありません。しかしながら一人ひとりのお子さんに受けていただくサ−ビスの質が、クラス定員の増加と反比例して低下していくということは、容易にご理解いただけるものと思います。私ども栄光ゼミナ−ル渋沢校では、殻の中からお子さん達が発する微かな嘴音を聞き逃さぬよう、さらにはお子さんと講師との間により良い関係が保てる距離を大切に考えて、集団授業の形態をとる中学部のクラスでも、定員を18名程度に止めています。

またクラス編成については習熟度別クラス制を基本としながらも、単にテスト等の結果のみをもとにして振り分けるのではなく(基本的に入塾テストは実施しません)、発展的な友達関係や男女の割合、他の習い事の曜日、またご兄弟の通塾日等にも十分配慮し、お子さん自身にもしっかり納得していただいた上で、クラスを決定させて頂きます。
blank
学校と塾との理想的な関係について
栄光の授業内容は県立高校入学選抜制度に完全準拠しています。県立高校や私立高校(桐蔭学園・鎌倉学園・法政二高・法政女子・日大三高・東海大相模・桐光学園等)の入学選抜方法(推薦、単願、併願)においては内申点が大きなウェ−トを占めています。従って入学試験で確実に結果を出すためのハイレベルな実力を養成していくことと同時に、日頃の学校の授業内容をしっかり理解し、積極的に授業に参加できるようにしておくことが不可欠となります。当校の授業は基本的には教科書に沿って学校よりやや先に進む形で展開していきます。ただし将来的に役立つと判断した場合には、教科書では扱われない発展的な内容に踏み込むこともあります。定期テスト前には土曜日・日曜日を中心に、各中学校のテスト範囲に完全に対応したテスト対策授業を実施します。当然の事ですが学校と塾は互いに対立する関係にはありません。前もって塾で予習した内容だからといって、決して学校での授業を疎かにしないで下さい。それでは塾で学んだことが生かされていないばかりか、かえってマイナスになる場合さえあります。塾で学んだことによって学校での理解がより深まり、学校の授業が楽しくなる。こういう相乗効果が生まれるような関係こそが、学校と塾との理想的な関係と言えましょう。
blank
小学部 Elementary School Pupils
【お子さんのご予定に合わせて塾を自由にカスタマイズ】
お子さんは生きた『遊び』を通して数々の大切なことを学んでいきます。それは教科書から得られる知識とは全く次元の異なるもので、知識に生命を与え、それを増幅してくれる悟性であり、社会生活を円滑に営んでいく上で不可欠な感性であろうと考えています。従って本来『学習』の場である塾からの提言としては、いささか奇異に感じられるとも思えますが、小学生のお子さんにはぜひとも生きた『遊び』のための時間をしっかり確保して欲しいと考えています。
秦野の財産ともいえる豊かな自然に接し、友と交わる有機的な『遊び』の時間を大切にしながら、野球・サッカ−・ミニバス・スイミング等のスポ−ツで心身ともに逞しく成長して欲しい。またピアノ・お習字・バレエ・英会話等々のレッスンを通じて感受性豊かな人間に育って欲しい。そして同時に栄光での充実した『学習』の積み重ねによって、持てる能力を最大限に延ばしていって欲しい。このような願いから、栄光ゼミナ−ルでは曜日・通塾回数・時間帯・教科・教材レベルにいたるまで、すべて個別にご相談させて頂いた上で、お子さんに極力負担のかからない通塾パタ−ンをご提案させて頂きます。塾がお子さんの重荷になっているようでは、成績の向上は望めません。
blank
授業概要
☆対   象:
小学校低学年より学年に制限はありません。
☆教   科:
算数・国語・英語より希望される受講科目を選択して頂きます。授業内容、教 材(レベル別)等も選択できます。
私立中学受験にも十分対応が可能ですが、お子さんに過度の負担がかかってしまうようなご要望には、お応えできない場合があります。
☆授業回数:

週1回から3回まで、お子さんのご都合に合わせてご選択が可能です。

☆授業形態:
講師1人が多くとも3人までのお子さんを担当する、個別指導に準じた形態を基本としますが、
高学年では仲の良いお友達同士のグル−プ形式(7〜8名)の授業も設定できます。
☆授業時間:
16時〜17時または17時10分〜18時10分からご選択いただきます。
☆通塾曜日:
月曜日から金曜日まで自由に選択できます。お友達同士や御兄弟で同じ時間帯を選んでいただくことも可能です。
blank
教科別の指導方針
算数

栄光の講師は決して『丸つけマシ−ン』にはなりません。算数は正解に辿り着くまでの過程が特に大切な教科ですから、単に正解を得るための手筈をお伝えするのが授業の目的ではないのです。1つ1つの解法・公式の持つ意味がしっかり理解できるようになって、最終的には独創性に富んだ解法を、自ら編み出せるほどまでに成長して欲しいと願っています。
毎回提出していただく宿題の添削を通して、お子さんの理解度をしっかりと把握し、弱点が見つかればその範囲を徹底的に強化するように演習を重ねていきます。

国語

全ての教科のレベルアップのために、読解力の養成が必須の条件であることは言うまでもありません。
個別形態を主とする国語の授業では、様々な分野の質の高い文章に数多く触れていただくため、敢えて教科書を離れ、読解と記述を中心とした習熟度別のテキスト(無学年制10段階)を用意しています。また学校でのテストで好成績が出せるようになることも、学習意欲を引き出すための貴重な契機となることから、ご希望により教科書に完全準拠したワーク中心の授業も実施しております。
また毎回の宿題は漢字の書き取りに限定し、年間を通じて何回も同じ漢字を反復練習します。

英語

お子さんの意識の中に「英語は難しい」という感覚がひとたび芽生えてしまうと、それを払拭するには、相当な時間と努力を要します。
したがって初期の段階では、講師とのやり取りやゲーム感覚の演習を通じて、まずはお子さんの英語に対する興味を引き出すことに全力を注ぎます。その後は段階的に文法的な内容に踏み込み、中学入学前にbe動詞と一般動詞の肯定文・否定文・疑問文が自在に書ける程度の完成度を目標とします。またどの学年、どの時期からでも受講していただけるように、授業は個別形態を主とし、習熟度に応じた数種類の教材を用意しております。

blank
中学部 Junior High School Students
【必要な時に必要な教科を、効果的・段階的に重点学習】
中学3年間の各時期に、主要5科目の学習をバランスよく配置し、最終的な目標である高校入試に向けて、最も効果が上がるようなカリキュラムを編成しています。

また各中学の定期試験の日程・出題範囲等には柔軟に対応し、お子さんの学習全般に渡って、総合的なサポ−トができるよう万全を期しています。年間を通じて専任の講師が責任を持ってクラスを担当し、お子さんが安心して学習できる環境を整えます。

 

blank
学習計画
☆中学1年生

中学に入学して多くの1年生が突き当たる大きな壁は、部活と勉強の両立という問題です。
中学生活では、小学生の時代にはなかった部活動という要素が、非常に大きなウェートを占めるようになります。
運動部であればまずは体力的に、また新たに踏み込む部活動という集団の中では、先輩達との適度な距離感を探っていく過程で、精神的にも大きなプレッシャ−がかかってきます。当然ながらレベルアップする学習面のストレスも、小学生の時代とは比較にならないくらい大きくなるのですから、このようなお子さんの上に、さらに『塾』という重荷がのしかかれば、当然お子さんの中には『塾』=『苦』という感覚ができあがってしまうことになります。塾に対する感覚がひとたびこうなってしまうと、その感覚を払拭するには相当な時間と労力を要します。場合によっては不可能なほどこじれてしまうことさえあります。
こうしたお子さんの成長過程を十分考慮して、栄光ゼミナ−ルでは1年生のお子さんにかかる負担が極力大きくならないように、積み重ねが大切な英語と数学に重点を置いたカリキュラムを組んでいます。国語・理科・社会に関しては土・日を中心とした定期テスト対策時に集中して実施し、お子さんの小さな羽が逞しい翼に成長してゆく過程を見守っていきます。

☆中学2年生
新入生を迎え『先輩』と呼ばれる立場になると、個人差こそあれ、中学生としてのしっかりした自覚が持てるようになります。身も心も成長したこの時期になれば、多少の負荷がかかっても、それを撥ね返してくるだけの逞しさを見せてくれます。このようなお子さんの発達段階に合わせて、また神奈川県の高校入試の仕組みを考えた上で、2年生時には通常の英語・数学に加え、定期的に国語・理科・社会の授業を組み込んで、徹底した5科態勢をとります。夏期と冬期には国語・理科・社会にウェ−トを置いた栄光ならではの特徴的な講習会を実施し、次学期の学習内容を徹底的に予習して、十分な余裕をもって新学期を迎えられるようにしていきます。また土曜を中心に講習と完全にリンクする定期テスト対策を実施し、より深い理解と知識の定着を目指していきます。
blank
内申点が高校入試の合否に大きく影響を及ぼすことになる3学期は、実質的に高校入試のスタ−トとも言えます。したがって1月・2月は、1日の授業を50分×3科目に組み換え、更に1週間の授業日数を3日に増やすことで、1週間当たりの授業時間は2学期までの1.6倍以上となります。この大幅な演習量の上乗せにより、学年末テストには万全の状態で臨めるようになります。
☆中学3年生
高校入試まであと1年を切った3年生にとっての最大の目標は、入試をできるだけ有利に迎えるために、内申点を可能な限り上げておくこと、そして定期テストよりも確実に数段レベルが上がる入試問題に対して、十分に対応し得る確かな実力を養っていくことの2点です。栄光ではこれらの目標に向けて、1学期は部活との両立を全面的にサポ−トできるカリキュラムを組み、そして大部分のお子さんが部活動を引退する夏休み以降は、量・質ともに充実した完全5科態勢をとっていきます。
blank
また入試を目前にひかえた11月以降は、1日の授業数を50分×3科目とし、加えて1週間の平常授業も3日とすることで、1週間当たりの授業時間を1.6倍以上に増やし、入試における得点力の大幅な増強を目指します。2学期の期末テストまでは、内申対策として学校に対応したペースで授業を進めていきますが、この時期からの授業は高校入試のみをターゲットとする完全入試対策授業となります。同時に12月以降は5回ないし6回の模擬試験を実施して、お子さんの得点力の推移を正確に把握し、個々の弱点の補強に力を注いでいくとともに、地域密着型の塾ならではの質の高い情報をご提供して、最適な進路選択のお手伝いができるように努めてまいります。
blank
授業概要
☆教   科
〔夏時間〕
英語・数学各70分×週2コマ
〔冬時間〕
◇1年:12月〜2月は英語・数学各50分×週3コマ
◇2年:12月〜2月は英語・数学各50分×週3コマ
◇3年:11月〜2月は英語・数学各50分×週4コマ
国語・理科・社会は各定期試験対策授業を中心に、夏冬講習会時、および2年 2学期からは通常の曜日とは別日程で定期的に実施します。
☆授業時間
〔夏時間〕19:10〜21:40
〔冬時間〕18:40〜21:30
☆通塾曜日
◇1年生 火曜日・金曜日
◇2年生 月曜日・水曜日(1月・2月は土曜も加わり、週3日となります。)             
◇3年生 月曜日・木曜日または火曜日・木曜日(11月〜2月は土曜も加わり、週3日となります。)
※国・理・社の定期試験対策授業は、上記以外の曜日や日曜日にも実施します。
blank
高校部 Senior High School Students
【まずは大学受験に向けてのしっかりとした基礎固め】

これまで栄光ゼミナ−ル渋沢校では『裏メニュ−』的な存在だった高校部でしたが、2011年度より外部からも募集を開始しています。積み重ねが大切となる英語・数学の授業では、まずは各校の授業にしっかりついていけるようにすることを最優先すると同時に、1年時から大学受験を視野に入れて、着実に基礎を固めていくことを目標とします。(株)栄光が茅ヶ崎地区で展開している栄進予備校では、国立大学・早慶上智をはじめとする多くの合格者を輩出していますから、大学受験に対するノウハウも完璧です。なお個別を基本とする形態の授業となるため、お引き受けできる人数は若干名となります。

blank
授業概要
☆教   科
英語・数学・国語
個別対応のため、上記3科の中からご希望の教科をご選択ください。
☆授業時間
個別対応のため、ご相談の上決定します。
☆通塾曜日
個別対応のため、ご相談の上決定します。
blank

栄光ゼミナ−ル渋沢校の基本姿勢は開校以来一貫して変わりません。
それは可能な限りお子さんと正面から向き合うことで、この点に関しては他塾には絶対に負けない自信があります。
教科の指導はもちろんのこと、宿題の添削でもアルバイトに任せるようなことは有りません。
お子さんとの間でやり取りするノ−トは、言わばお医者さんが持っているカルテのようなものです。
そこにはお子さんの課題となる点と、それに対する処方がはっきり示されているのです。
したがって宿題を回収せずに答えだけを配って、お子さん自身に丸付けをさせるような宿題の出し方はしません。
そんなことをしても宿題をとりあえずやっておくことがお子さんの目標になってしまい、各講師がお子さんの理解度と弱点を正確に把握することはできません。
また私達はお子さん向き合う十分な時間を確保するため、教室のスペ−スと講師の体力が許す限り、できるだけ多くの試験対策授業を組んでいます。
その結果が次ページに有るような試験前の日程表になるのです。もちろんたくさん授業を入れたからといって、別途に費用をいただくようなことはありません。
すべて通常の授業の一環と考えています。ぜひ栄光の試験対策授業を体験してみて下さい。

blank
『唯一の入塾条件は…』
塾の最終目標は成績を上げることですから、栄光は入会に際して成績の基準を一切設けておりません。
blank
学習面で秀でたお子さん、部活で大活躍しているお子さん、生徒会活動に積極的に取り組んでいるお子さん等々
『みんなちがって、みんないい』と考えています。
blank
仮に現時点で今一歩伸び悩んでいたとしても、『根性』と『素直さ』さえ持って来て下されば、必ず成績は向上していきます。
入塾を契機にに成績が10個以上も上がったなどというケースは過去に何例も見てきました。
blank
また私達は塾を、テストで良い点を取るためのテクニックを伝授するだけの場とは考えていません。
栄光生にはぜひとも社会に出たときに必要な常識やマナ−もしっかり身に付けて巣立っていって欲しいと考えています。
blank
したがって栄光では茶髪・ピアス等禁止という栄光の決まりが守れないお子さん、
また他人に迷惑をかけるようなお子さんの入塾を固くお断りしています。
blank
この点についてのみ、他塾と比較しても入塾条件は厳しいと思います。
blank
お子さんに明るく楽しい雰囲気の学習環境を提供するのは塾として当然のことですが、
時として私たちは絶滅危惧種である「叱れる大人」でもあり続けたいと考えています。
blank
体験授業は常時実施しています(無料)
栄光ゼミナール渋沢校では、常時、授業を体験していただくことができます。
入塾をご検討されているお子さんは、ぜひ一度、ご参加ください。
お電話(0463-89-2255)でご連絡いただくか、こちらのフォームからお申込ください。
体験授業の申し込み
blank
教育理念
指導方針
小学部
中学部
高等部
入塾条件
Copyright (C) Eiko. All Rights Reserved.